福岡出張報告 2020.06.26-27

デリヘル

久しぶりの出張だ

コロナ禍で様々なものが自粛され、経済が停滞した4,5月。

6月に入り、自粛緩和を受けて、我が社も滞っていた仕事が動き出した。

先月は岐阜出張。

今月は福岡出張にいくことになった。

早朝4時台の電車に乗り、羽田空港からいつものANAで福岡空港へ向かう。

羽田空港を歩く

特定のクレジットカード提示で利用できるカードラウンジは、7時台ではどこも空いておらず。。

7時25分の飛行機に乗り、福岡空港についたのは9時過ぎ。

羽田空港から電車に乗り、天神へ。

午後から仕事のため、ドトールにて仕事をしつつデリヘル事前調査をする僕。

福岡は方言が可愛い。

街をあるく女の子の会話が聞こえると、ハッとしてしまうほどだ。

福岡は可愛い子も多いので、帰りたくなくなってしまう人も多いらしい。

デリヘル店を数店ピックアップし、好みの子を探す。

いろいろ調べていくと、サクラっぽいおんなのこがいたり、口コミが最悪だったりと、決め手に欠けてしまいとりあえず仕事にいく。

仕事は17時ごろに終わり、今日宿泊予定の西鉄グランドホテルへ。

なかなか高級そうなホテルだ。

スタンダードツインと言う少し良いランクの部屋を予約したため、14階建ての12階だった。

部屋としてはまあまあの見た目か。

少し古さは感じられるが、歴史ある感じ。

今日は久しぶりだったので、2〜3人呼んでやろうかぐらいの勢いだった。

性欲満開である。

外を歩けば可愛い子だらけ、それは期待も高まりますよ!

でもまずは腹ごしらえ。

一人だしあまり時間も欠けたくなかったので、博多ラーメンを食べることに。

ホテルから歩いて10分ほどのところにある、有名店shinshin。

昔からとんこつラーメンはよく食べており、このshinshinも2度目の訪問だ。

中は有名人のサインがたくさん。

煮卵入りラーメンをオーダー。790円。麺はかためで。

もちろん替え玉もしました。+150円。

満腹になりホテルへ戻る。

途中で薬局に寄り、差し入れの飲み物を買った。

部屋でもう一度デリヘル店のホームページをチェック。

これと言った決め手がないまま、ただただ時間だけが過ぎていき、気づけば22時過ぎ。

吟味しすぎるとよろしくないです。

お目当てだった子は予約いっぱいになってしまったり、嫌な口コミをみてやめてしまったり。

あまり時間を欠けても悩むだけなので、即断即決!思い切りが大事だと再認識。

今日は全然ダメだったけどね涙

ようやく、お昼の時点からキープしていた、ぷっちょと言うお店の巨乳な女の子、せれなちゃんを予約することに。

お店に電話。携帯電話番号が代表電話になっているお店が結構あるけど、できたら代表番号は固定電話かIP電話にした方がいいと思う。

なんだか信頼にかけるよね。

とにかくお店に電話すると、次に開く時間が24時からとのこと。

電話した時点で22時半。

あと一時間半も何をしようか。。

ムラムラ来てしまった僕は、別のお店の子をすぐに呼んで、一発抜いてから本命がくれば最高じゃね??とよくわからない思考を企てた。

早速ぷっちょに再度電話し、1時からに変更。

その後、ジュリア(JULIA)と言うお店のP(仮)ちゃんを指名した。

写真で見る限り、痩せても太ってもいないがFカップ88cmのお胸を持った、隠れた逸材的な雰囲気の子だった。

なんでもロリらしく、扱いやすいのではと思ってしまった。

これはもう直感笑

もう一人綺麗可愛い系の子がいたのだが、なんとなく綺麗系な子に抵抗があり、

この日は指名料交通費込みで65分13,000円だった。

30分ほどで到着するとのことだったが、1時間たっても全く到着しない。

流石に待てなくなり、お店に再度電話。

通話中の音声が。。

数回電話しても電話が繋がらず不安が募っていた所に、お店から電話が。

すみません!ドライバーが職質にあってまして。。。

ほんまかいな!!!

まあまあ、よしとしよう、あと2,3分で到着するって言うしね。

待ってましたよ!Pちゃん登場

電話を切って待つことさらに10分後笑

ようやくPちゃんが部屋のチャイムを鳴らしてやってきた。

急いでドアを開けると、そこには丸々したお顔のぽっちゃりさんが。

うーん、写真とはちがうなあ、、、

と思いつつ、中に入ってもらう。

やっぱりあの直感はダメだった、いつもだいたい外れるやん!と自分を心の中でボコボコにしながら、愛想よく笑顔で迎え入れた。

職務質問されてたんだって?とホットな話題で話を膨らまそうとするも、Pちゃんは???と言う反応。

ええ、やっぱり嘘なんかな?

まあ、どっちでもいいけど。

Pちゃんがきた時点で23時45分頃。

プレイタイムは65分なので結構ギリギリか。

お金を渡し、会話も早々にお風呂へ。

今日はまだ一人目のPちゃん。

なんだかあまりこちらのペースに乗ってきてくれない印象で、やりずらかった。。

お風呂で体を洗ってもらう。

おっぱいよりも出ているお腹がちょっと気になったが。

先にお風呂を出て、タオル一枚になった僕はベッドに座ってPちゃんを待った。

ようやく出てきたPちゃんと、布団に潜り込む。

まずは顔を褒め、なんとかいい雰囲気に持って行こうを試みる。

おっぱいも大きいのだが、体自体の肉付きがとってもよく、あまり興奮できなかった。

おっぱいを舐め、あそこに指を入れる。

茂みの中は肉付きがいいので、奥が深かった。

手マンは得意な方なのだが、どうもしっくりこない。

次に乳首を舐めてもらったあと、息子へ。

テクニックは中の上と言ったところか。

出そうと思ったら出せるかギリギリのところだったが、できれば中に入れたかったので、交渉するまでガマンしようと思った。

ここで、もう一度手マンをして、気持ちよくさせてたところで交渉だ!
想定通りの流れでゴムあるけど入れていい?と聞いてみる。

だがしかし、Pちゃんはダメ〜と言って入れさせてくれなかった。

これが普通なのだよ。

ダメなんだもの。

断られると一気に空気が悪くなるので、このあとが大変だ。

もう一度会話をして、場を盛り上げる。

あまり挽回できないまま、どうでもいい会話を続ける。

時間も少なくなってきたので、じゃあもう一回舐めてもらってもいいかな?

と諦めて一発出しておこうと。

なんとか時間内に射精することができ、お風呂に入った後に、買っておいた差し入れを渡して、Pちゃんは帰っていった。

Pちゃんがいるうちに、次のぷっちょから電話がかかってきてしまってちょっと焦った。。

みんなも時間に余裕を持ってスケジュールを組もう。

一人目を終え、二人目を迎えるまでわずかなのだが、失敗したな〜と言う後悔と、一人終わってすぐって地獄の修行やん!と反省しながら、急いでシャワーを浴び、歯を磨いた。

せれなちゃん登場です!!

AM1時を少し過ぎた頃、ちょいポチャ巨乳専門店(ぷっちょ)のせれなちゃんがやってきた。

口コミではかなり評判がよかったので、どんな子なのか興味もあったのだ。

写真では目から下、顎のあたりをスタンプで隠していたのだが、しっかりとした顔立ちの大きな子と言う印象。

おっぱいも大きいし体も大きい。

多分170cm以上あるのではないか。

ドアを入ってすぐ、せれなちゃんの愛嬌のよさそうな声が聞こえた。

これは期待できるぞ!

今回は80分17,000円。

前の子ですでに13,000円使っているので、トータル30,000円だ。

この出費に見合う子でありますようにと心の中で祈りながら、早速お金を支払った。

ベッドに座り手を繋いで、しばし会話をする。

せれなちゃんは人気のようで、この前も何人もの人を相手にしてきている様子。

相当お疲れではないだろうか。

そんな疲れているはずのせれなちゃんは、僕の手をすりすりとさすりながら、どこからきたの?眠くない?など、僕のことをたくさん質問してくれた。

今の仕事を初めて2ヶ月ほどとのことだったが、すでに人気なのも頷けるホスピタリティだ。

幸せな雰囲気を味わいつつ、多分15分は会話していたのではないか。

せれなちゃんの方から、何がしたい?と聞いてくれ、ベッドでのプレイがスタートした。

ベッドの上で服を脱ぎ、横になった。

お風呂に入らなくてもいいと言うことだったので、早速抱き合ってキスをした。

体はしっかりと肉付きがあり、安心感がある。

ブラを外すと、Gカップの大きなおっぱいが現れた。

乳輪のサイズも程よく大きく、僕好みだ。

手のひらにおさまるかおさまらないかの大きさで、なかなかに柔らかい。

そして何より、せれなちゃんのおっぱいはとってもビンカンだった。

乳首をいじると、ビクっ!と反応する。

これはみてて気持ちがいいし、楽しいw

感じてくれている感があって、こちらの気分も上がるのだ。

おっぱいを入念に刺激し、舐め、攻めを繰り返す。

耐えられないよ〜、と言う言葉もとってもいい。

さらに、博多弁のイントネーションや方言に、心奪われる。

すでに、あたりだな、と思った。

おっぱいをひとしきり楽しんだ後、次にあそこに手を伸ばした。

すでにあそこはぐっしょり濡れていた。

指を入れると僕の手にちょうどいい中の感じ。

人によって本当に作りが違うんだなあと、短時間に2人を相手にすると実感する。

手マンした時の反応や、キスの受け入れ方、感じ方。どれをとってもこの子とは相性がいいなあと思ってしまった。

これが演技だったら、相当なやり手であるw

これはいける!とよくわからない自信を抱いていると、せれなちゃんから、

交代!耐えられない笑!という言葉が。

乳首と息子を舐めてもらい、癒しの時間を味わった。

舐めのテクニックとしては、可もなく不可もなくといったところ。

それよりも全体的な雰囲気が良過ぎて、満足感が半端なかった。

続いてせれなちゃんは、僕の息子にあそこを擦り付けて、スマタのスタート。

気持ちよさそうに腰を動かす。

ここで、僕は優しく秘密の言葉を囁く。

この後せれなちゃんと、さらに濃密な時間を過ごしたのだった。

射精を終え、満足感いっぱいの僕は、布団に横になり、しばらくプライベートな話で盛り上がった。

これからあと一人お相手するとのこと。。

ほんと体力がいる仕事だと思うけど、頑張って!

正直こんなにホスピタリティ溢れる子はなかなかいないのでは。

少し時間が余ったので、会話もしつつ少し休んでもらった。

時間が来て、差し入れの飲み物を渡すと、せれなちゃんは颯爽と次の客のいる現場へ向かうのだった。

デリヘルを1夜に二人呼んでの総評

デリヘルは当たり外れもあるし、顔はいいけど対応がダメっていう子もいる。

デリヘルを利用する男性が求めているのは癒しだ。

短時間に高いお金を払う以上、払った分の癒しの提供を望んでいる。

客側の紳士的な態度も重要だが、デリヘル嬢側にも仕事に当たる上で特に大事なことがある。

顔がどうこうよりも、体系がどうこうよりも、ホスピタリティなのだ、そう心から思った長い夜だった。

ただ、一夜に2人はやめておいた方がいいなと思ったw

体力がいくらでもある20代ならともかく、30を超えると限界がある。

心と体に余裕を持ち、計画的に、そして紳士的に、楽しくデリヘルを利用するのがいいと思うのである。

ただ、この実験的な体験はネタになるので、また色々と体験してみたい。

次に挑戦したいこと
・地方のソープ体験
・デリヘルをフリーで2人呼んでみる
・3Pデリ派遣
・メンズエステ体験
・ギャルデリヘル派遣
・ロリロリ娘デリヘル派遣
・綺麗系お姉さんデリヘル派遣

また体験したらブログ書くので、読んでくださいね。

翌日

西鉄グランドホテルのモーニングを食べ、仕事場へ。

仕事は午前中で終わり、今福岡空港のカードラウンジにてこの記事を書いている。

記事を書きながら、ふとせれなちゃんの日記をみると、きちんと昨日お相手したお客さんのお礼メッセージを書いていた。

これだよ、これ。

ひとりひとり、別の記事で書いている。

そして、それぞれの内容が充実している。

またリピートしたくなるやろこれ。

新たな気づきをもらえました。

デリヘル呼ぶ時に失敗しないための鉄則に追加。
お礼日記をしっかり書いているかどうか。

このホスピタリティは神クラス!
この癒しを体験してみたい諸君、ぜひとも、せれなちゃんを指名してみるといいですよ!
できたら長時間がおすすめです。

過去の風俗嬢ベスト3に入る女の子でした!
1位 ピンサロ アイドリング 長谷川ヒカルちゃん
2位 ソープ ニュールビー レイナさん
3位 ぷっちょ せれなちゃん

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました