デリヘル : 大宮デリヘル 体験

デリヘル

初めてのデリヘル

僕が初めてデリヘルを呼んだのは、埼玉県の大宮駅。

東口を右手に進むと商店街があり、その中にあるラブホテルK。

今でも覚えている思い出の場所だ。

初めて利用するにあたって、お世話になったサイトがヘブンネットだ。

今でもお世話になっている。

大宮のデリヘルで検索したところ、ぽっちゃり系専門のデリヘルが目に止まった。

たくさんの在籍する女の子の中から、髪の長い色白の巨乳ちゃんを見つけた。

なんと胸のサイズが100cmのIカップ!

これはお願いしたい!と思い早速お店に電話をした。

名前は確か、りんさんだったかな。

予約はできたものの、出勤が遅れるらしく、15時に連絡したが、17時なら大丈夫ということだった。

しばらく時間を潰し、一緒に予約をしたホテルKに向かった。

デリヘル嬢との対面

ショート2時間で入室すると、シャワーを浴びて女の子の到着を待った。

ちなみにショート二時間のお値段は3,000円でした。

部屋は狭いがまあまあ綺麗だった。

少しでも女の子にいい印象を与えたいため、腕立て伏せをしてパンプアップした笑

しばらく待つと、部屋のドアがノックされた。

急いでドアを開けると、そこには背の小さな女の子が立っていた。

見た目で言うとハーフのような雰囲気のある、髪の長いきれいな子だった。

どうやら大学生のようで、神奈川から大宮のデリヘル に通っているので遅れてしまったとのこと。

デリヘル は初めてということを伝えると、そんな感じする〜!

と言われた。

見た目だろうか。

今回は確か100分20,000円のコース。

りんさんは、お金の受け取りとお店への連絡を済ますと、一緒に服を脱いだ。

この時、僕は体毛の永久脱毛をして間もなかったのだが、一応全身処理してもらったため、あそこの毛も一時的に皆無になっていた。

そんな状態でもデリヘル を呼びたい。

そんな気分だった。

案の定りんさんには驚かれてしまった。

毛がないので、子供のみた〜い!と言われてしまい、ショックを受けたのだが。

また、りんさんはマッチョ好きということで。僕の華奢な体はあまり好みではなかったようだ。

この時、ちゃんと筋トレして、初対面の子に好かれるような体になろう!と決意したのだった。

早速お風呂に入り体を洗ってもらい、うがいをすませ部屋に戻った。

狭い部屋なのですぐにベッドに向かい、2人抱き合った。

りんさんは太めの体に超巨乳。

腰ほどまである長髪で、髪の毛が綺麗だと褒めた記憶がある。

褒められて喜んでいたようだ。

キスをした後りんさんのたわわな、少し硬めのおっぱいを舐め回し、あそこを舐めた。

若い肌は素晴らしいね!

この巨乳を使わないではないと、パイズリをお願いした。

りんさんの放漫なぼでとバストに上から包まれた下半身は、それはもう天国。

巨乳のパイズリ経験はは初めてで、どんなに気持ちいのかと期待大だったが、そこまでの快感は感じなかった。

それよりも巨乳に僕の息子が挟まれしごかれるそのシチュエーションに、ものすごい興奮を覚えた。

パイズリしながら亀頭の先を舐めてもらう、素敵な光景を拝めたのも良かった。

何という背徳感。

パイズリとフェラチオで、1回目の射精を済ませた。

精子を拭きとり少し横になった。

会話の内容はもう流石に覚えていないが、他愛のない話をした筈だ。

さて、2回戦目は少し前戯をしてのスマタだ。

りんさんが僕の上に股がり、息子をりんさんのあそこに押し付ける。

りんさんの、小柄ながらに大きな体に包まれる形で、とても気持ち良い思いをした。

程なく射精感が溢れ出し。

2回目の射精を終えたのだった。

その後は一緒にシャワーを浴びて帰る準備をし、一緒に部屋を出た。

外は真っ暗で、雨が降っていた。

ホテルを出ると迎えの冴えないおじさんが車で待っており、そこでりんさんとはお別れとなった。

総評

コメント

タイトルとURLをコピーしました