ピンサロ:池袋ちょこぱ

ブログ

久々に、ピンサロ利用。池袋ちょこぱにいってみた

※この記事は2020年に書かれた記事です。

こんにちゃ!チーフです。

ここのところ色々な理由で溜まりに溜まっている僕。

ずっとピンサロに行きたいと思いつつ、結局行けずじまいで前回利用してからだいぶ間が開きました。

そこで、今日は池袋で気になるお店のうち、前回利用した好きモーションさんではなく、ちょこぱさんにお邪魔しようと思い立つ。

前回好きモーションで当たりを引いたチーフは、なんとなく今回もいけるんではないかという淡い期待を抱いて、朝10:30前にちょこぱに到着。

池袋東口歩いて5分ほどでしょうか。

ピンクの外壁が印象的な、大通りから一本横に逸れた道にあるビルの地下一階にあるお店。

開店の10:00は過ぎており、すでに本日朝から出勤の4名は埋まってしまった様子。

先にフリーであること、割引の利用したいと伝え、スマホのページを提示。

チーフが利用しているのはこのサイト!口コミ風俗情報局
https://fujoho.jp/

券売機で料金の4,000円を支払い、

待合室で5〜10分ほどお待ちくださいと言われ、誰もいない待合室に待機。

唯一撮れた写真はこちら。

やけに高めの椅子は座りにくい。

机には爪切りが。

プレイブースへ

15分ほど待ったころ。

番号が呼ばれて、感じの良さそうな店員さんに奥に案内された。

一番奥のブースに案内されると、重たいリュックを下ろし、キョロキョロと周りを見回す。

しばらくまっていると、大食いのもえあずみたいな見た目の色白な女の子がやってきた。

とてもいい感じの子で好印象。

少し他愛のない話をした後、女の子の方からまたがっていいかといってきた。

もちろんいいよというと、早速プレイスタート。

上着を脱ぐと、ちっぱいがお目見え。

巨乳好きの僕としては、ちょっぴり残念。

乳首舐めの後、フェラチオに移行。

ここまでは良かった。

フェラチオされながらもえあずのあそこをいじっていたのだが、強すぎたのかなんなのか、フェラされながらもチーフの手を振り払ってきた。

一瞬何事かと思ってしまったが、どうやらいやだった様子。

それならいってくれればいいのにと、一気に冷めてしまったチーフは、なんとか発射することができたが、もやもやとした気分。

もえあずに気を使いながら会話をすると、なにごともなかったかのように世間話をしだした。

うーむ、よくわからないな。

少しの会話の後、もえあずは離席。

待ち時間が長かったので、出禁にでもなるのではと内心ヒヤヒヤだった。。

やっと帰ってきたもえあずにメッセージカードを手渡されると、ほどなく退席となった。

総評

池袋は何度かピンサロ利用させていただいているが、ちょこぱを初めて利用したチーフとしては、なんとも後味の悪い初体験となってしまった。

なんとなく、もう利用しないだろうなという気持ちになってしまった。

ピンサロという異空間で冷めた気持ちになってしまうと、なんとも辛い状況になってしまう。

この後コロナ事情もあり、ピンサロにはいかなくなってしまった。

コロナが落ち着けば、また利用を考えてもいいかなとは思うが、たくさんの店舗が乱立する中、またこのお店を選ぶかというと、微妙である。

お店が悪いわけではないが、こればかりは仕方のないことだろう。

また機会があればレポートしたいと思う。

はりねずみチーフでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました